フェリシアこども短期大学 FELICIA CODOMO COLLEGEフェリシアこども短期大学 FELICIA CODOMO COLLEGE

学校案内INTRODUCTION

フェリシアこども短期大学について

フェリシアこども短期大学について

教育理念

「教育」は健全な次世代育成のための重要な営為である。とりわけ幼児期の教育は、その後の人格形成の基盤をなし、希望と愛を
もって生きる姿勢を育てる上で重要である。
本学は、幼児の心身の発達を真に理解し、保育技術を体得した教養ある家庭婦人、保育者を養成する専門の女子短期大学として誕
生した。創立以来、本学の教育理念は以下の柱を持つ。

男女共同参画が求められ、女性の活躍の場は家庭のみならず社会全体へと広がっている。女性のライフコースが多様化し、自分の人生を自由に決定できるようになった反面、その選択に際して悩みが増えたこともまた事実である。
本学では、自分がどのような人生を送りたいかを主体的に選択する自己覚知を支援すると同時に、教育・福祉の専門知識を活かして、社会にあっても家庭にあっても、自分のおかれた環境に地歩を固め、自分らしく生きることができる力をもった女性を育成したい。

優れた幼児教育者とは、幼児の心身の発達についての広範な知識と確かな保育技術を有するものであることは論をまたない。
加えて本学では、「教育とは何より愛をもって成されるべきである」という建学の精神に基づき、優れた保育者の資質として、幼児を愛情深く慈しみ見守ることのできる「人柄」を育てることを重要と考える。学生一人ひとりの魂の奥底に根ざしている神的なもの、聖なるものの成長を助け、自己自身への目覚めと隣人への愛を開花させることを支援したい。

本学の教育目標

知・情・意・体・技知・情・意・体・技

建学の精神

本学の建学の精神の基幹を成すのは、「愛の教育」である。
創設者百瀬泰男は、クリスチャンとして禁酒運動や伝道活動に尽力し、長く教育に携わってきた。その体験から、いかなる教育方法も
キリストの愛に比較すればきわめて低い割合の値打ちしかないことを悟り、「愛の教育」をもって建学の精神としたのである。
著作「愛の教育 一日一想」の巻頭に収められている「愛は苦行である、だが人生最大のいのちである」という一文は「愛とは何か」
を端的に示している。「愛」とは神そのものであり、慈悲であり、仁であり、犠牲である。「愛」は神の無償の姿を示し、親から子へ
の愛に通ずる。よって、本学では「神の愛」をもって教育や活動を行い、社会に貢献できる人材の育成をめざすものである。

きのうわれを省み、天地の恵み、父祖の恩義を思う。今日の日、汝の徳性に覚め、今日の日、汝の希望に生き、今日の日、汝の敬愛に活く、今日の日、汝の思想を深め、今日の日、汝の体軀を鍛え、今日の日、汝の知能を磨き、今日の日、汝の情操を培い、今日の日、汝の技能を研ぎ、尊い汗と美しい涙を忘れず、キリストの示す灯のようにこの人生になにもかもの光を点ずる。きのうわれを省み、天地の恵み、父祖の恩義を思う。今日の日、汝の徳性に覚め、今日の日、汝の希望に生き、今日の日、汝の敬愛に活く、今日の日、汝の思想を深め、今日の日、汝の体軀を鍛え、今日の日、汝の知能を磨き、今日の日、汝の情操を培い、今日の日、汝の技能を研ぎ、尊い汗と美しい涙を忘れず、キリストの示す灯のようにこの人生になにもかもの光を点ずる。

国際こども教育学科 3 つのポリシー


アドミッション・ポリシー

本学は、建学の精神である「愛の教育」と保育者養成校としての社会的使命に基づき、ディプロマ・ポリシー及びカリキュラム・ポリシーに掲げた教育を行っている。こうした教育を受けるための条件として、次に挙げた資質・能力や意欲を持った学生を受け入れる。  

  1. 【知識・理解】高等学校までの学習を通して、入学後の学修に必要な基礎的な学力を有しているとともに、基本的な生活習慣が確立している人  
  2. 【思考・判断】自ら課題を発見し、解決するために必要な力(思考力・判断力・表現力)の基礎を有している人
  3. 【技能・表現】自分の考えを適切に表現できる能力を持つ人  
  4. 【関心・意欲】
    ・保育者になろうとする意志を持ち、子どもと積極的にかかわり理解しようとする人
    ・日本だけでなく、海外の子どもや保育を取りまく社会の状況に関心を持っている人
  5. 【人間性・社会性】
    ・建学の精神である「愛の教育」を理解し、豊かな感性と深い愛情をもって子どもの健やかな成長を支援しようとする人
    ・多様な人々と積極的にコミュニケーションをとり、協働して学ぶ態度がある人

カリキュラム・ポリシー

・本学は「国際こども教育学科」の単科の大学で、保育士・幼稚園教諭などの保育者養成を目的とし、本学の「建学の精神」である「愛の教育」に則り、次のことを意図して教育課程の編成と授業展開をしている。

・本学の教育理念である「愛をもって幼児を育成する保育者の養成」の上に、保育・教育に必要な専門的知識と技術を修得するため、理論と実践の科目をバランス良く配置するとともに、保育者として実践的な行動力及び広い視野を身に付けることができるように以下の6つを柱として科目を設けている。

  1. 【8つの領域】 

    ディプロマ・ポリシーで掲げる人物像を育成するために8つの領域を設定し、多面的な人材育成を図る。①教育・保育の本質と目的に関する科目 ②人間の理解に関する科目 ③世界の教育・保育に関する科目 ④表現技術・基礎技能に関する科目 ⑤言語に関する科目 ⑥教育・保育の内容・方法に関する科目 ⑦実習・実践・研究に関する科目 ⑧教養に関する科目
  2. 【教養科目】 

    国際理解や日本の文化、倫理など、人間として健康に豊かに生きていくための幅広い教養科目を設置する。特に、キャリア教育は2年間を通して行い、初年次教育から社会人基礎力の育成まで一貫したひとつの科目として編成する。
  3. 【専門教育科目】 

    乳幼児教育の原理から実践に必要な技能の修得まで、科目間の連携を図りながら、実践演習をひとつの集大成科目と位置づけ、重層的に科目を編成する。
  4. 【言語に関する科目】 

    グローバル社会の中で活躍できる保育者の養成を目指し、正しい日本語と、実践的な英語コミュニケーション能力を修得するための科目を編成する。
  5. 【資格・免許取得】 

    2年間で保育士資格と幼稚園教諭免許状が取得できるよう教育課程を編成し、事前・事後指導も含めて実習科目を編成する。
  6. 【時間割編成】 

    乳幼児教育の専門職としての意識を高め、アクティブ・ラーニングで実践的な力を養うため、演習科目のみならず講義科目もできる限り少人数で履修できるよう時間割を編成する。

・子どもを取り巻く現代的諸問題に対する関心を高め、学習した知識・技術を総合して適切な保育・子育て支援の実践的展開や課題解決ができるように、主体的・意欲的に学びを深めるためのアクティブ・ラーニング形式の科目を多く配置している。

・社会のグローバル化にともない、多文化に対応できる国際感覚豊かな保育者養成のために海外フィールドワークなど多角的な授業展開科目を配置している。


ディプロマ・ポリシー

 

  1. 【知識・理解】 
    保育者として必要な教養、子どもや保育の内容・方法を理解し、基礎的な専門知識を身につけることができる。
  2. 【思考・判断】 
    学習した知識・技術を総合して、筋道をつけて考え、保育展開や家庭支援、課題解決に向けて適切に判断することができる。
  3. 【技能・表現】 
    学習した知識・技術を活用して、保育展開や家庭支援、課題解決に必要な実践・表現ができる。
  4. 【関心・意欲】 
    子どもや子育てに関する関心を高め、自らを省察し、主体的・意欲的に学びを深めることができる。
  5. 【人間性・社会性】 
    社会の一員としての自覚を持ち、他者および多様性を尊重し、協力・協働を図るとともに、深い愛情と共感性をもって他者に接したり、社会に貢献したりできる。
卒業に必要な単位数*(2019年度生)
必修科目27単位
選択科目35単位以上  計62単位以上
成績評価の基準
成績の評価は、S、A、B、C、Dの4段階とし、Dを不合格とする
資格取得の要件*
幼稚園教諭二種免許状… 卒業必修科目27単位、幼免必修22単位、選択科目14単位以上
計63単位以上
保育士資格…                卒業必修科目27単位、保育士必修科目と保育士選択必修科目
51単位、計78単位以上
幼稚園教諭二種免許状
… 卒業必修科目27単位、幼免必修22単位、
 選択科目14単位以上
 計63単位以上
保育士資格
… 卒業必修科目27単位、保育士必修科目と
 保育士選択必修科目51単位、
 計78単位以上

専攻科 国際こども教育専攻 3 つのポリシー


アドミッション・ポリシー
  1. 【知識・理解】 
    乳幼児教育に関する専門知識と経験を有する。
  2. 【思考・判断】 
    こどもの視点に立ち、柔軟な思考・判断ができる。
  3. 【技能・表現】 
    日本語および基礎的な英語によるコミュニケーションができる。
  4. 【関心・意欲】 
    広く乳幼児教育に興味・関心をもち、課題を発見し、主体的に考えることができる。
  5. 【人間性・社会性】 
    常に愛情を持って社会に奉仕・貢献することができる。

カリキュラム・ポリシー

専攻科 国際こども教育専攻は、本科「国際こども教育コース」の2年間の学びを基礎として、更なる深い学びのために以下の6つを柱としてカリキュラムを編成する。

  1. 【8つの領域】 
    ディプロマ・ポリシーで掲げる人物像を育成するために 8 つの領域を設定し、多面的な人材育成を図る。 ①教育・保育の本質と目的に関する科目 ②人間の理解に関する科目 ③世界の教育・保育に関する科目  ④表現技術・基礎技能に関する科目 ⑤言語に関する科目 ⑥教育・保育の内容・方法に関する科目 ⑦実習・実践・研究に関する科目 ⑧教養に関する科目
  2. 【教養科目】 
    国際理解のみならず日本の文化を世界に発信するための視座を獲得するための科目を編成する。
  3. 【専門教育科目】 
    世界の乳幼児教育の実践との対話や、こどもを中心とした国際貢献まで、グローバル社会の中で生きるこどもたちと保育者について考察を深めるために、重層的に科目を編成する。
  4. 【言語に関する科目】 
    グローバル社会の中で活躍できる保育者の養成を目指し、正しい日本語と、実践的な英語コミュニケーション能力を修得するための科目を編成する。
  5. 【資格・免許取得】 
    日本以外の保育士資格が取得できるよう海外の協定校での教育課程を織り込み、事前・事後指導も含めて実習科目を編成する。
  6. 【研究課題】 
    次世代の乳幼児教育を担う実践研究者としての意識を高め、アクティブ・ラーニングで実践的な力を養うため、研究手法を修得し、課題研究をおこなう科目を編成する。

ディプロマ・ポリシー
  1. 【知識・理解】 
    日本のみならず世界のこどもの育ちに関する専門知識と技術を習得し、日本の免許・資格を有する保育者として、グローバル市民としてのこどもと共に生きる。
  2. 【思考・判断】 
    多文化を理解し、多角的に思考し、柔軟性に富む。
  3. 【技能・表現】 
    日本語および英語をはじめとした様々な言語環境で自己表現し、こどもと響き合う。
  4. 【関心・意欲】 
    世界のこどもの育ちに興味・関心を持ち、こども教育の発展を主体的に考え、探究する。
  5. 【人間性・社会性】 
    常に愛情をもって社会に奉仕・貢献する
卒業に必要な単位数*
必修科目9単位
選択科目15単位以上  計24単位以上
成績評価の基準
成績の評価は、S、A、B、C、Dの4段階とし、Dを不合格とする

本学科の教育課程は、教養科目と専門教育科目で構成されています。教養科目では豊かな感性と教養を身につけ、専門教育科目では、専門的な知識と技能を学習できるように環境を整え教育内容を編成し教育を行います。また、シラバスには、各授業の達成目標、到達目標、授業内容、準備学習の内容、授業時間数、成績評価の方法・基準、教科書・参考書等を具体的に明示します。

第三者評価適格認定

第三者評価適格認定第三者評価適格認定

第三者評価


本学は、一般社団法人短期大学基準協会による

平成28年度第三者評価の結果、適格と認定されました。

“第三者評価の概要”